2012年05月05日

隠り世の村

やっと天気だね!急いで布団干したり、子どものおしっこで濡れたシーツを干したりとばたばたなテオドールです。
どうもおはようございます。


さて、スマホアプリゲーム

を現在プレイ中です。
基本600円、バリュー価格で250円くらいだった気がします。
私はauスマートパスでとり放題なんでただみたいなもんですw


朱津川國彦というすごくいかつい名前の主人公とその國彦を好きな雪香が
編集長に命じられて、不思議な噂の現場に取材に行くっていう話です。

話の分岐は基本ないですw
分岐のようで分岐でない選択肢が出てくるだけw

そして、結構村を散策したり、話しかけたりしないと次のストーリーに進まないという・・・。(当たり前?)
なので1日ちょっとずつしか進みませぬ・・・。
カギ拾っても南京錠あるのに全然使ってくれないしw
行きたいところに行く時の操作方法が面倒くさい。


最後にあらすじ一応書いてみるかな・・・。
簡潔にかけるかなw

ダムに埋まる予定の村だったが、ダム建設会社の不正で工事がストップしている。
その最中、ダム建設に反対派だった住民が忽然と消えた。
そして、そこに取材に来ていたテレビ関係者2人も行方不明となった。
噂を聞きつけ怪奇ロケに来た礼子、熊追、未来萌、千尋、流麗とそれに便乗してきた朱津川と雪香。
その彼らを案内する村に住んでいた飯野と西木。

村に唯一通じるトンネルが土砂崩れで崩壊。
そのため村に精通している飯野が山道を使って案内することに。
村に到着したのは夕方。
撮影準備の間に、西木が祖母が住んでいた家で遺体を発見する。
警察に連絡しようすると全員の携帯が圏外のため、隣の村まで歩いていくしかないことが判明。
夜ということもあり、山道に慣れている飯野のみが行くこととなる。


ってところまでプレイ中。
posted by テオ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。